日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

値上がりすると分かっている通貨への投資

ビットコイン投資

値上がりすると分かっている通貨への投資
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

FXをやってる場合ではありません!

FXは決してオイシイ資産運用ではありません

FXといえば、多国間どうしの通貨の価格変動を利用した投資方法ですよね。

たとえばアメリカドルと日本円なら、2017年3月12日現在で114.7円前後で値動きしています。

長い目で見ると、90円台のこともあれば120円以上のこともありましたが、アメリカドルと日本円の間は、双方とも主要基軸通貨ということもあり、安定しています。

FX 下落

出典 http://wave-analysis.info

しかし、資産形成の点から見れば、特に主要通貨同士の場合は安定しすぎて面白味に欠けます。

そこでレバレッジという方法がありますが、リスクも高いですね。

一瞬にして証拠金を失い、追証を求められたりなど。

将来有望な通貨はなんでしょうか

もし、将来高い確率で値上がりすると分かっている通貨があったらいいですよね。

そんな通貨、あるんでしょうか。

ビットコイン

出典 http://i1.wp.com

はい、「仮想通貨」です。

2017年は仮想通貨元年といわれ、4月には仮想通貨法が施行されました。

仮想通貨こそが、これから大注目!なのです。

2017年は仮想通貨元年

今や、知っておかないとやばい「仮想通貨」。

今さら聞けない仮想通貨のことを、池上彰さんが分かりやすく
解説している動画がありますので、見てみてください↓

では、ビットコインとは何でしょうか?

世界シェアナンバー1の仮想通貨

ビットコインは、現在流通している約600種類の仮想通貨の中でも、もっとも大きなシェアを持つ、いわば最もメジャーな仮想通貨です。

ビットコインとは、仮想通貨の一つでかつ最も大きなシェアを持つ仮想通貨です。既にドイツをはじめとした数か国では通貨として認定され、お店やレストランでビットコインでの決済が可能になっています。

仮想通貨法が可決、試行へ!

我が国においても「仮想通貨法」が可決し、2017年4月からいよいよ施行となります。これによって、いままで物でしかなかった仮想通貨が、「通貨」として認識されることになります。
これは、仮想通貨にとって極めて大きな出来事であり、かつてバブルと言われた短期集中的な経済現象が、いま再び起きようとしています。

なぜ「仮想通貨」なのか?

これまでの通貨(アメリカドル、日本円など)と比べて、何が違うの?

仮想通貨は、その誕生経緯や管理運営の仕組み、将来に向けた設計などにおいて、既存の通貨とは大きな違いがあります。

なぜ「仮想通貨」がこんなに話題になってるの?

仮想通貨は、その仕組みなどから以下のような特徴があります。
・ 中央銀行が存在しない=政治的影響を受けない
・ 国境を越えた送金処理が極めて容易で手数料が非常に低額
・ 導入国では同じように通貨として決済に使用可能

よくグローバル化とかボーダーレスという言葉がありますよね。
でも、通貨に関していえば、ヨーロッパのユーロ加盟国はEUROが共通通貨として使えますが、世界で使える共通の通貨はこれまでありませんでした。基軸通貨であっても制限があります。
しかし、仮想通貨(暗号通貨)は、それを導入している店舗であれば、その国の通貨と同様に決済に使えるのです。
その利用価値が急激に上昇し、日本でもこうして「通貨」として法的にも認知されるようになったのです。

これにより、とんでもないことが起きます。

世界で通用し、送金手数料も極めて安価で、かつ管理組織が存在しない通貨が流通したらどうなるでしょうか?

皆さんはアマゾンを使ったことがありますか?
言わずと知れた超大手の通販サイトですが、代金の決済はクレジットカードを使っていませんか?

実は、クレジットカードを使うことには大きなリスクがあるのです!
そして、仮想通貨はこのリスクを解消できる手段としても、大変注目されているのです。

クレジットカードのリスクその1:手数料

全世界におけるクレジットカードにかかる手数料は、毎年8000億円と言われています。この金額は、クレジットカードを扱う各企業や団体、店舗が負担していますが、当然のことながら、そのコストは商品価格に反映されています。
つまり、私たちはこの8000億円の一部を、代金として支払っているのです。

クレジットカード

出典 http://cre-hikaku.com

クレジットカードのリスクその2:セキュリティ

クレジットカードを使うときに、「ピっ」とセンサーに通すところを見ますよね?
これによって、あなたのクレジットカードに記録された個人情報が、ネットワークを通じて流れているのです!
つまり、あなたの個人情報は、クレジット決済をするたびに、全世界を網羅するインターネットに流れているのです。
プロのハッカーなら、この情報を読み取ることなんて簡単です。

ハッキング

出典 http://st2.depositphotos.com

じゃ一体なにが起きるのか?

仮想通貨を決済手段に使えるようになるということは、きわめて安価な手数料での送金が可能となり、現代の金融機関による送金規制を受けないことで、たとえば海外に在住するあなたの家族への送金も、一瞬かつきわめて少ない手数料で行うことができるようになりますい。
また、仮想通貨による送金や決済は、個人情報を一切含まないので(アドレス情報と取引金額のみ)、あなたの情報がネットワークに露出することがありありません。これまで個人の信用で成り立っていた取引が、電子的な価値の送受信によって行えるようになるので、結果的に個人情報の保護につながるのです。

ブロックチェーン

出典 http://bitcoin-newstart.com

これまでの概念を根底から覆す仮想通貨が普及することで、仮想通貨そのものの価値が高騰します。
2017年3月現在、ビットコインの価格は約14万円前後ですが、これは1年前と比較すると約3倍以上に上昇し、短期的には価格が変動するものの、中長期的には安定的に上昇し続けています。
我が国が、仮想通貨法を可決した理由もおのずと理解できますよね。

私たちに対する影響は?

ここまで読んでくださった方は既にお分かりかと思いますが、今日の日本円の金利を考えてみてください。

現在の概ねの銀行預金の金利ですが、1年物でだいたい0.01%から0.1%です。
これは、100万円を1年間預けると、0.01%だとその利息はわずか100円ということを意味します。缶コーヒーも買えません。しかもこれに20%の所得税が課税されますので、手取りは80円ですね。冗談のようですが、これが現状です。

ところが、もし日本円をビットコインに換金して保有したらどうなるでしょうか?
約1年前の2016年4月のビットコインの価格は4万円前後でした。これが、1年後の2017年3月時点では約14万円になっています。3倍以上の価値になっている計算になります。
なぜか?通貨としての将来的期待値が、日本円とは比較にならないほど高いということなのです。
しかも、ビットコインはその市場価値を維持する目的から、総発行枚数や、発行のスピードを制限しています。全世界の企業や各団体が、ビットコインの入手に奔走している状況なのです。

ビットコイン トレンド
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
12
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。