日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

まだ持ってないの?仮想通貨を持つべき3つの理由とは

ビットコイン投資

まだ持ってないの?仮想通貨を持つべき3つの理由とは
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

いま話題の仮想通貨って何?怪しい?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できる、価値を持った「通貨」に近いものです。

というと難しく聞こえるかもですが、仮想通貨とは物理的な形では存在しません。

仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。

日本においては、「改正資金決済法」の施行により、なんと2017年4月から通貨として認定されるようになるのです!

日本のメガンバンクも仮想通貨?

あの三菱UFJフィナンシャル・グループが仮想通貨を発行?

そうなんです、日本の代表的メガバンクも仮想通貨に参入です!

ビットコインは仮想通貨の筆頭銘柄!

仮想通貨の中で最もシェアが大きく注目されているといえば、ビットコインでしょう。

ビットコインの歴史

ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって、提唱されました。

その3か月後(!)、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され、公開されました。

それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。

そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われたのです。

ビットコインは既存通貨とどう違うの?

最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しないことです。

つまり、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。

ビットコイン イメージ

出典 http://blog-imgs-49.fc2.com

ビットコインはいったい誰が管理しているの?

ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。

すべての取引データは、コンピューターネットワーク上に分散管理され、保存されています。

この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。

ビットコインでは個人情報は管理していません。あくまで、取引に関するデータのみを、厳重に管理しているのです。

ブロックチェーン・テクノロジーについて学習

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、(一つの場所にデータを置かないようにして)壊すことができないネットワークを作る技術です。
その分散型のネットワークを認証システムをすれば、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができます。
分散型システムを止めるには地球全体を壊滅させるほどの隕石が宇宙から降ってくるか、全世界の機械類が同時に破壊されてしまうほどの大規模な太陽風に襲われるかぐらいの災害が起きる必要があります。
なぜなら、データを保持する地球上の全てのコンピューターを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することができるからです。

出典 http://genxnotes.com

ちょっと難しそうですが、要するに銀行システムの100倍以上のセキュリティが確保されたシステムなのです。

あの日本銀行もブロックチェーンの有用性について検証を開始しました。

ビットコインの重要な3つのポイントは?

その1 将来価値への期待

ビットコインは、2017年3月現在で1ビットコインが約13万円前後ですが、約1年前の2016年3月は4万円前後だったんです。

つまり約1年で4倍以上に値上がりしています。

こんな「通貨」、いま他にありますか??

ビットコイン チャート

出典 http://koji.tech

ビットコインは、その価値を保つため、最大2100万ビットコインしか発行されないことが、開始当初から決められおり、その時は2140年に訪れます。

現在も新規発行がマイニングという形で行われていますが、その発行量も4年ごとに半分に減少されるため(半減期と呼ばれています)、ビットコインの価値をさらに高めるストーリーが出来上がっています。

ビットコインの将来価値が今後の上昇するのには、こういった理由もあるからです。

その2 基軸通貨への期待薄

現在の銀行金利をご存知でしょうか?

ほとんど笑い話です。

0.2%に100万を1年間預けて、その運用益はたったの2,000円です。

これに所得税が20%かかるので(笑)手取りは1,600円です。

1年間、100万も預けてこれでは話になりません。

銀行金利


しかし、これが世界の主要通貨の一つである日本円の現状です。

銀行預金と、ビットコイン、どちらに大切な資産を投資しますか?

日本円に100万を1年預けて1,600円ですか?

それとも、ビットコインに預けて、3倍にしますか?

時代は既に変化しています。

私なら、ビットコインの将来性を選択します。

その3 資産形成のための投資対象

ビットコインは、利用できる店舗が既に数多く存在し、今ではビットコインベースのクレジットカードもあります。

使える店舗情報はぜひググってみてください。

今後、高い確率で価格が上昇することがわかっていますので、
値上がり益で買い物をして、元本そのまま、というような使い方が、
これから流行るのではないでしょうか。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「先行者利益」を獲得するために

先行者利益とはどんな利益を指すのか?

競合他社よりも、いち早く新しい市場に参入したり、新製品を市場に導入することで、企業は多くの利益を手にすることができます。一般的に先発は優位ですが、パイオニアとしてそれなりのリスクも背負います。その点で言えば、後発組みが有利な場面もあるわけで、これを後発優位と言いますが、WEBマーケティングにおいて先行者利益ほど強力なものはありません。先行者利益が狙えるのなら、本気で取組む価値は大きいでしょう。

出典 http://matome.naver.jp

少し難しい話になりますが、先行者利益を得るということは、
・ 消費者心理に「参入障壁」を形成できる(その製品のパイオニアとしてブランドイメージを構築できる)
・ 経験曲線の効果を得ることができる
・ 比較的高い価格で販売することができる
・ 製品の規格を決定しやすくなる
・ 希少な資源(人材、立地など)を先取りできる

分かりやすくビットコインに置き換えると、価格がどんどん上昇している現在、
いま購入するのと、3か月後に購入するのでは、購入価格が全く違ってきます。

3か月後よりもはるかに安い今、購入することで、将来の利益(売買差益)を
より大きなものにできるのです。

また、投資プログラムへの投資についても、利益が得られる今のタイミングで
アクションを起こすことで、これが権利収入になるのです。
※ あくまで自己責任で判断してくださいね

なので、これからは、いまビットコインを保有することや、
ビットコインを活用した投資活動によって得られる収益などが、
ビットコインを活用した結果としての先行者利益となるのです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
12
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸